KSL-n

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

うちはがおもしれえ 

おっどうやら今週は何かがあったようだとジャンプを立ち読みしたらサスケがあまりにも面白かったのでうっかり浮上しに来てしまったでござるなう…。
あいつは…すごい…な…!(ごくり)




「この目は闇がよく見える…」などと言われたらだいばくしょうするしかないというかあああああほんとにサスケ痛いなあああああおっめえかんわいいなああああ!ごろんどてんばたん!
そんな迷言ナチュラルに繰り出しちゃうお前マジCUTEだぜ!おまえいまちょう輝いてんぜ!キラキラしてる!----☆

いやこの感情をたった一言で言うと「サスケおめえほんと面白えな!」という言葉に尽きるんですが、何でしょうホントにこの人何なんでしょう、うっかり中腰になってうわああああああああって震えてしまうというか、今まで自分がハマってやってきたカプ・キャラの中でほんとにこの人ぶっちぎりに


「危なっかしくて目が離せない部門」第一位

「ほっとくと何をしでかすか言い出すかどこに向かって暴走していくのか判らない部門」第一位

「ピュアで何色にも染まってしまう為、将来『これで強くなれますよ』とか言われて訪問販売とかにうっかり引っかからないかとても心配部門」第一位

「≦V ゚ -゚Vつ⊂( ゚Д゚) <誰かー!ここに迷子の迷子のうちはのこがいるので早く引き取りに来て下さーい! と強く願ってしまう部門」第一位

(KSL調べ)


であるというか、もう、ほんとに、もう、こいつは…!(ごろんごろんごろんごろん!)
おまえのそのおもしろさ、ぷらいすれす…!

ああそうだそうだ私はサスケさんは「このひとイタくておもしろいから受」とかいうそういう視点でナルサスだったのだったと原点に気付いた気分でした。こんな痛々しい人受けですよ!こんな色んな意味でかわいそうな人受けでしかありえないですよ!間違いないですよ!(ドヤアッ)
やっべーまじサスケちょうおもしれえなあ~もう思うままにブイブイ言わせて欲しいですね!中二街道突っ走ってギュインギュインいってほしいですね!ああああ来週から楽しみすぐるうううう!====3

オンリ直前にこんな大投下があったらもう当日はお祭り騒ぎであろうなあおおお素晴らしいなあ…!


あとは忍の滝夜叉丸化の話で(13期再放送→19期に戻り奇しくも滝メイン回が立て続けにきてどっちも面白かったっつうか滝を見ている時のニヤニヤ感はサスケを見ている時のニヤニヤ感に似ているな…ととても思う。イロモノ萌えというか)「六年生の一か月の長期合宿」という設定にうっかり身を乗り出してしまったとかいうそういう感じです。

その場合教師の引率があるのか無いのかが不明であった訳ですが(っつうか六年生自体に担任という存在があるのかどうかが今一つ定かでないというか…最高学年だと自主性に任せて不在っつうのもありかな~とは思うんですよね。五年生までは確定してるけど六年のその辺は今一つ判らないもんなあ~そこら辺は妄想に任せるといったところか…)個人的には生徒だけで行って欲しいですネ!理由としては離れている方が萌えるからD・E・S・U!

一か月離れてる間に生徒側にも教師側にも同時多発的に問題が起こりなかなか会えなくてすれ違いとかしてこじれたらええんや!悶々としたらええんや!
そんで最終的には問題が解決してハッピーエンドで終わって久しぶりの抱擁とかしたったらええんや…!

ってごろんごろんおうちの中を転がってしまったでござるなう…!ぶおんぶおんぶおん!===3

わたくしどうも「お預けと悶々の後のご褒美ちょううめえ」という嗜好であるからか常に何か引っ掻き回せるあれこれを夢想することに余念がないのですが、しかしまておまえら、土井きりというカップリングそのものが「お預けの後のご褒美」を基本としているのではないか…?(年齢・立場的に)
ハッ!これはつまりどいきりの根本なのではないか…!?と勝手に真理に到達した気分になっていたということです。一人遊びはもういいから。


会えない時間が愛を育むのさ党・こんばんはあなたのKSLです(うるせえ)



また脱線しすぎて何で自分が日記を書きにきたのか忘れてしまったぞう。きっととりあえずうちはサスケ。多分。メイビー。

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ksln.blog77.fc2.com/tb.php/110-6d2c8da6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。