KSL-n

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

しつもんおかえし 

0728.gif

本当に毎度毎度カラーを塗ることに対する根気が無く雑な仕上がりの目立つ表紙になってしもうたが前に旅行で撮った写真がやっと資料に出来たのでもうそれでいいことにする…何で皆あんなにカラーが好きなのか謎だぜ…根気を分けて欲しい…ぜ…。
てな訳で夏の新刊は一年越しですいませんでしたの続きものの後編です~P66かP68か…まあそんな感じで…。
前編も現在在庫が無いので今回に合わせて少数ですが再販する予定です~続きものにしちゃうと在庫管理がな!めんどくさいよな!(涙)本当に1冊で全て済むならそっちの方がいいんだホントに…今後肝に免じよう…!

あと拍手から頂いた質問のお返事を返しにきました!
再録の1に関して問い合わせてくださった方ありがとうございます。こちらはとりあえず今夏の再販予定はありませんです~。
このジャンルは緩く入れ替わりが行われているのだなあという実感と、自分はまだ暫くこのカプで活動を続ける予定でもあるので再販も一応視野には入れているのですが、今回は搬入スペースの問題もあるので見送りました…1冊分厚いのがあるとさ~もう1冊は厳しいよねっていう…。
しかしまあどいきりでそんなに新規の人っているのか?上級生ならともかくどいきりで…?というところもあるので検討中ではある、という感じです…自分も後になってハマった人なので「再録出してよ!再販してよおおおお!」という気持ちはとても判る…!んですが、オフラインは在庫との兼ね合いがあるよぬ~むずかしいもんだいである…。
ご質問ありがとうございました!

あっあと大変私信になりますがF澤さま!メール頂きっぱなしでしたのに拍手からもすいません…!修羅場が終わったらがっつりメールさせて頂きます…!

そんじゃ多分8/8頃上がってくるのではないかと思います~ではでは!
スポンサーサイト

実写えいがー 


23日に見てきまんた!
以下感想という程ではないらくがき、忍ミュと同様リアルに近付けられる画力と器用さは皆無なのでいつもの絵でお送りします。

一応たたみますー。


-- 続きを読む --

脳が纏まらん 

とりあえず再浮上してみたが未だに脳が混乱ちゅうなう。

拍手からコメントとかぱちぱちとかありがとうございました…!今回えらい数を頂いてしまってびっくりしましたありがとうございました!おれたちはみんなおなじたましいのもちぬし…!
どいきり!そしてどいきり!(意味が分からない)

こう、あれだ、しみじみとですね…じわわーん…。
いやー教師の過去って何だかんだで活動をしている我々はまあほらアレだ色々見聞きして周知の事実があったりするではないですか。しかしそれもまあ暗黙の了解で公式において真正面から出されたことはなかったので、今回の話は告知を見て「果たしてどこまで出すんだろう?どのように触れるんだろう?」という部分のハラハラもあったのですが、すごい最良の形で出されたなあ!っていう感動があって。
あれ以上を出すと「忍たま公式」のテイストから少しズレてしまうような、そんなギリギリのラインで触れてきて、しかも最後に「みんなが隠れていた!学園長先生も登場ー!」っていういつものテンションに戻すところがもうほんとにすげえなと…!

いやあ~今まで同人誌で「教師の預かる理由とその過去」をテーマにしたものはたくさん読んだけど
(そういや自分はド直球でここをやったことは無いなあと思うんだけど、多分読みすぎたこととほのぼのテイストよりは完全なホモ脳であるからかと思います(ほもだいすきでごめんね☆てへ★)あと何か色々読んできてるとさー今更直球でその部分は自分がやんなくてもいっかーってなるところはあるよな…)
一年時の現時点でそれをやるとしたらこの形が一番の理想形であろう、というのを公式がやりおったわああああああ!というそうぜん…!

なんかもうあまりにも全てが素晴らしすぎて、おれたちは、ああおれたちは…!(ふるふる)
いやーほんとに何回見返しても野暮なツッコミなど一つも出来ません理想すぎて…!
「赤の他人」である二人、というのもさ~いやー私「担任だけど他人」発言とかもえらい好きだっていうか、何だろう多分私の超ポジティブ解釈だと思うんですけど、「教師と生徒」という立場や年齢差を抜きにした「一個人対一個人」というニュアンスが強まると思うんですよね。ううん上手く言えないんだが。本当に赤の他人である二人がこうなっている、というところに萌えと無限の可能性を感じる訳だよぼかあ…!(ガッ)

しっかしあの匂わし方は小憎らしいのうはんすけ…ってニヤニヤするっていうか、あれじゃ絶対きりちゃん余計気になっちゃうよね。ある程度の推測は出来るけど細かいこと全然判んないもんね。
皆が帰った後で改めて二人きりになった時の気恥ずかしさや悶々ときたら想像するともう如何ばかりかと…はあはあ…はあ…!
きりちゃんもな~二人しかいないと思ってるからああいうこと喋ったんだろうしなあ~いや~皆聞いてたんだ!って思い出すと顔から火が出ちゃうよな~にやにやにや(あとデバガメしていた皆も「あれ?なんか先生もきり丸もいつもと感じが違わない?もしかして二人きりだとああなの?」ってすげー思いそうよねっていう…明らかに…声音が…なあ…?)

ううむ本当に喋り出すととりとめがない。
わたくしもまだあまり落ち着けてないようでありますふうふう!

あーしかしもっと時間があるかあるいはもっと手が早ければ良かったのになあギギギギギ…!
あれが今のおれのせいいっぱいではあったのですが「ちっげえよ!こんなんじゃねえんだよばか!ああああああこの感動と萌えを伝える為にはおれにはものすごく色んなものが足りない…!時間とか!手の速度とか!ボキャブラリーとか!」って自分で自分を往復びんたしてしまうこのやりきれなさギギギギギギ!

っていうかほんとに今思い返しても余計なところ(チャンバラ模写)に時間を割きすぎたと思うんだ。
せめて1カットもしくは2カットで留めておこうや数日前の自分…orz
いやあのうやっぱさあほら「動きを見る」「動きを描く」という部分で何にしろああいうやりあうのって絵描き的に萌えるじゃないですか、実はちょう個人的に「成長きりちゃんとせんせいが鍛錬の一環として組手もどき(組手とか言うと時代的に無いんだよな~この時代だと体術は組討ってヤツになるのかな)を行う」というのはいつかどっかで描けたらいいなあ~という夢を抱いておったりもしたのでうっかりカッとなってしまった、というそういうことでした…ふう…。
アウトラインだけ取ったラフを含めればあのシーンコマ送りでほぼ全部描いたのですが、流石にこれはあほだなと途中で気付いてカットしたおれの冷静さを褒めて下さい。
全然ほめられないよ!

あとどうでもいい話なんだけど模写をする度に教師は奇跡のバランスで出来ているな…!って痛感する。
きりちゃんは結構すぐ描けるんだけど、教師はあのほっぺと顎のラインと前髪の跳ねてるとこのバランスがすっげー難しくてさあ~自分で見て描くと微妙に幼くなってしまうというか。シンプルな絵なのにえらい男前なんだよなあ~ガタイいいしなあ~…って惚れ惚れするでござるなう…。

あ、あとそうだ最後の部分で唯一突っ込んだことがあったの忘れてた、「なるほど!その為のからくりでしたか!」とはツッコミました。
からくりコンビはいい仕事をしている…。

ふひーそれでは流石に籠らなくては…ふうふう!
あとは劇場版見たらまた感想書きに浮上するかなーと思います。とりあえず23日の映画館スケジュールを見たら朝9時からと夜9時からの上映ならば四十九日法要の時間帯には全く被らないな…ふむ…と思ったので初日にサラッと見てまいります。ふっふーい!=3






そのとき れきしが うごいた 

もう…もう…どうしたら…いい…!

http://www7b.biglobe.ne.jp/~ppp/dk/0718.htm
(「土井先生ときり丸」の段かんそう)

流石にこの量の絵を清書するだけの時間はおれに残されておらず極力線を纏めた状態ではありますが下書き状態で失礼します…!
っていうかどうでもいいもん描きすぎた気がする。今は少し反省している…。

あーもーあーもーあああああああもおおおおおおおおお お   お       !
(パーン!)

一つだけ聞きたい、あれは真夏の白昼夢じゃなかったんだよな…?

ちょっと補足とどうでもいいはなし 


頂いた拍手から、もしかして前の日記の文章だと「携帯サイトを作った」と間違われやすいかな~と思ったのでちょいと訂正にきましたん…!

ノベルティに仕込んだQRコードですが、確かに携帯からアクセス出来るように携帯キャリア向けのページを作ったのですが、それは「サイト」という訳ではなくて単なる「1つのページ」というか…。
携帯用の待受画像とちょっとしたメッセージが置いてあるだけというか、もし当日までに時間があればSS小話の一つでも置けたらいいな~という感じの、本当にただの「携帯から見れるオマケのページ」ですので「携帯サイト」をこしらえた訳ではないんですよ~!と、訂正…。
要はただ単にQRコードが作りたかっただけなんですよだからまあ大したページでもないんですよといううわあなんだこのぶっちゃけ。ううむしかし誤解させてしまっては申し訳ないのだ…。

しかし今のこのスマートフォン普及率を考えるとスマートフォンからって携帯サイトはどう映るのかしら?
PCで見た時みたいに若干崩れるけど見れることは見れるのかしら?
(今回のオマケページ自体はうちのサーバに置いたので「画面が寄るけどPC・インターネットからも見える」ことは確認済みなんですけど、時々PCからは見られない携帯特化のページとかあったりするよな~ああいうのはスマホでも見れないんかな~と)
いやあしかしスマホいいよねスマホ。近未来的で憧れちゃうよねスマホ。
あと一年弱今の機種の支払いが残っていることを考えるとどうするかじりじりしてしまう…!ギギギ…!


そんでもって49巻なんですけどね、普通に楽しく読んで、読後にツラツラと考えたことがものすごい勢いでどうでもいいことだったので、特に感想として触れなくてもいっかなーとか思ったんだけど浮上する機会があったのでまあ一応触れておくよね。


--------------------------どうでもいい話スタート------------------------


そのアレだ、結局彼女がいた疑惑云々ってのはあのおんぶの絵からだったのかーなるほどね~確かにあの体勢はとてもいいよねっていうかおんぶというのは担がれる側に体重があると体力を中々に必要とする体勢なので女性に対する労りを感じるわよネーという感想なんですが、「慣れているようだ=彼女がいたのでは!?」と来られると何らの意外性も無いというか

そりゃあそうだろうよ!ってか今まで女の一人や二人もいなかったら逆に引くわ!→あれっじゃあ「いそうなのにいなかったら逆にちょっと萌える」のは誰かしら?というのをツラツラと考えて、り、利吉さんだったら萌える…!という、まあそんだけの話でして…ね…orz

いやあ何かさあ利吉さんってシティボーイのエリート気取って一見慣れてそうだけど秘境出身の仕事人間だから実はこう見えて全然だった!とかありそうじゃないですか…!それは何かギャップが可愛くて萌えるかなあ!とね…!スマートっぽいのに実はヘタレだった的なギャップな。
その辺のギャップの部分で六年生辺りは何かどっちに転んでもそこまで意外性がないかもなーと…あっても無くてもどっちもあり得るというか。「えっマジで!?」感があんまし無いかなと。
逆に「無さそうなのにあった!」という部分で意外性がありそうなのは小松田くんかもなあ~と思い、じゃあお互いその設定で利こまでやると萌えるのではないかと考えたのですが、そっそんなの利吉さんがかわいそうだ…!利吉さんのショックたるや如何ばかりか…!と涙に暮れたというそういうところの、うんほらどうでもいい話だっただろう!読んで時間を無駄にしただろう!正直すまんかった…!

しかしそういう「攻に経験がなく受には経験がある」という設定自体は結構好きなので(下剋上萌えの属性もあるので)利こま辺りなら同年代だからそれでも書き方によっては可愛くなると思うんだけど、土井きりでそれだと教師がかわいそうどころの話ではないのでそりゃあ女の一人や二人はいて欲しいよネ。
あーじゃあどっちも初めてだとどうだ…?ううううんんんんそれもなあああああちょっとなああああ!(汗)
「どっちも経験あり」の場合は別に何らも首を捻らないのでやっぱ教師側の有無が重要なんだろうな…。

いやしかしどうにかこねくり回せば「教師:ナシ」にも萌えられるストーリー・シチュエーションルートがあるんじゃないのかなあと飽きなき探究を続けるこのチャレンジ精神、おれ、自分で嫌いじゃない、ぜ…!


----------------------どうでもいい話終了---------------------------------------


えー内容としては学年入り乱れでわちゃわちゃしてて楽しかったです。1はメインの48巻も良かったんだけど上級生が入り乱れてると色んなキャラの言動に読んでて突っ込めるところは楽しいな~。
タカ丸もってもてやな!というのと、とにかく左近たんの可愛いおケツが心配でしょうがなかった49巻でした。何だろう手裏剣が刺さろうが石でボッコボコにされようが爆発しようが何ら気に留めて来なかったのに今回のこの衝撃は…「鎌が刺さる」というのが現代の我らでも容易に想像がつく痛さなだけにアイッタタタタ!ってなってしまうのかもしれません。

さて次は18日…か…!「そうか96年の映画もまたやるのか、というか被災地ドキュメントもやるのか」と知りまあそんなにカプ的にどうこう…というのはあまり構えずに…あるがままを…おれは…受け止め…ハアハア…ハアハア…。
今からすごく落ち着かない!ほんと落ち着かない!

実は最近「民放は問題が無いのにNHKのみが『信号が低下しています』メッセージで全く見られず、しかし録画した映像はすげー綺麗に映っている」という怪現象が起こりまして、リアル視聴を望まなければ別に問題は無いので、最初はスマートな大人女子として「フフンそれなら後で録画見たらいいじゃない」と嘯いていたのですが、放映日が近づくにつれて「今は録画に問題は無いがもし万が一録画すらこの状態になって一切見られなかったら私の精神はどうなってしまうのだろうか、立ち直れないのではないだろうか」「っていうか仕事で見れないならまだしもすごく家にいる時間の放映なのにリアル視聴が出来ないなんておかしいよ…!」って悶々として色々と試したところ、TVで直接見ようとすると見れないがHDDのリモコンで操作すると見れっぞ!原因はよく判らんが!やったーお母ちゃんやったよー!と、とても一人で空回りをして実家まで巻き込み大騒ぎして何とか解決に至った本日であったということです。

お前いくつだよ!小学生か!まったくだ!



ああもうああもううううううううああああああ あ    お

ふっふっふっふ 

とりあえず再録入稿オワタのでオフライン項更新しときました~。
ようしあとの入稿物は新刊を残すのみである…!また全部終わったら夏用の専用Pとか作りますねー。

そしていつかはpixivにサンプルを上げたりするのがおれの野望です(ええええええ)
いやロム用に大分昔からアカウントだけは持っているんだ…そしてものすごくロムってはいるのだ…。自分でやろうとするとタグとかああいうのはジャンルやカプによってお約束があるんだろうな~とか、やっぱり上げるならカラーである程度の見栄えはないとアレよな…とかここまで来てしまうと無駄に自分の中のハードルが高くなっていけないな!(サイト持ってるとどっちかでいいかーってとこもあるよね)でも本館のサーバが容量一杯一杯ってとこもあるんで、時間出来たら過去ジャンルのログとかをあちらに纏めてこっちはちょっと整理するとかもいいかもなあ~。きちんと時勢に乗ってツールを使いこなしたいぜ。

でもって無料配布もまだ間に合ったので入稿してきました~。

goods.gif

「ピタックリーン」という、貼ったり剥がしたり出来るタイプの携帯クリーナーです。

そもそも販促用の代物なので、このクリーナー部分を剥がすと台紙にQPコードが印刷してあって携帯からサイトにアクセスが出来るような仕掛けになっているのが面白いな~!と思ったので私もいそいそとQRコードを作って仕掛けておきましたです(しかしまあ大した内容ではない)
コミケで新刊をご購入頂いた方に先着で配布しますが大阪用にもちまっと取っておきます~。名刺サイズのちったい嵩張らないものなので宜しかったら貰ってやってくださいませ!
いや~ホントにこういうのは楽しいな!グッズ関係は本と違って「どう出来上がってくるのかな~」ってのが予想出来なくてわくわくします(本はまあさ…特殊装丁しない限りはもう大体想像つくからさ…)
大変なる自己満足でありますが無配だから許してくれよHAHAHAという感じだ。HAHAHA!

でも作る度に思うんだけど、きっと一番喜ばれる無配は冊子の読み物だよな~。
折本みたいな。コピーのペーパー漫画とは違ってきちんと印刷所で作ってることがミソだな。
簡単そうに見えて「別に一冊作る」ようなもんなので結構ハードル高いよな…これもまた野望である…。

あまぞんから発送したよメールが来たので49巻は今日届くかなどうかな!そわそわ!=3
とりあえず出勤まで仮眠取ってくるなう。

あと表紙に使おうかと思ったけど結局使いどころが判らず終わってしまった絵をついでにさらしあげておきます。

0714.gif

無駄に時間を浪費してしまった…うっうっうっ。

しんでしまうしんでしまうしんでしまう 



ttp://mblog.excite.co.jp/user/hamayoshi/entry/detail/?id=13056492


追加情報あざまーす…!

まさか放映19年目にして今こんな土井きりにおける根幹の部分を公式でやろうとは思わなかったので今おれはすごくこうふんをしている…!
もしかして歴史の転換期におれたちは立っているのではないか!?いいの!?本当にいいの!!??しかもまさかいつもの10分枠じゃなくて拡大版で二人の模様をお送りされちゃうの!?ほっほっほっほっほんとうにいいんですか…!?って幸せにあまり慣れていなくてえらいこと動揺している…!人気投票第一位ってパネェな…!
「土井先生メインの話ならまあ大体きりちゃんも絡むから」と軽い感じで教師にわたくしも投票した訳ですが、まさかここまでのことをしてくれるとは思わなかったよN●K…!ありがとう!そしてありがとう!

49巻発売にこの放映があってそしてすぐに実写映画公開ともうこのコミケ前修羅場期の萌えの連続波状攻撃はおれたちを試そうとしているにちがいない、いいぜわかったそっちがその気ならば全てを迎え撃ってやるぜまかせろ!おれにまかせろ!ヘイヘイパース!―――と、何か自分でもよく判らないテンションに今現在なっているなう…!
とりあえずもう来週が楽しみすぎてもうはあはあはあはあはあ、時間的にも出勤前にリアルで見れるよありがとう…!

しかし49巻についてなんだが、「どうせ地方で発売が一日遅れるしプレミアム版がきちんと欲しいなあ」とアマゾンで予約してしまったんだが、もしかして一日遅れで書店で買った方が早いのかもしれんなあううんダブり覚悟で見かけ次第買おうかな…というのが目下一番の悩みです。幸せな人ですね。

あ、あと拍手からわざわざ新刊の感想を下さった方々ありがとうございました!すごくうれしいです有難うございます…!
あんなかっぽうぎ本にすいません…!orzorzorzしかし様々な反省はしていてもおれは後悔はしていない、何故ならば割烹着とは素晴らしいものであるからだ(キリッ)
あ、「ツイッターのDMで入れようかと悩んだのですが」と仰って下さった方、私ツイッター利用が大変にムラのある人なのでDMを頂いても長く気付かないことが多く(携帯にメールも入らなくなってしまったんですよね…何故だろうフィルターは解除したんだけどなあ)申し訳ないので、何か御用やコメント等ありましたら拍手から頂いた方が確実かと思います…!(あるいは私がTLに上がっている時にでもリプ飛ばして頂ければってそれがなかなか無いんだな(汗)告知であったり遠出の移動中辺りなんかは暇つぶしに浮上するかと思います…)

原稿作業に入るとホントに呟かなくなるので(今の作業用のPCがネット接続していないのもあって)ツイッターに浮上しながら着実に原稿を上げられる人はすっげえな!って尊敬するよなあ…!
色んなことが同時に出来ない己の不器用さが憎いなう。と、ここでなうを使うなうなう。

何か萌えをぶちまけたい時も「140文字で足りるかぼけええええええ!」という感じで「らくがきを描きながらダラダラと長文で綴る」ことが自分に合ってるスタンスのようなので、基本全て日記で吐き出す感じだと思います~。


とりあえず18日に向けて全裸待機なう!その前に多分また上がってきます~!

お知らせんぬ 

かっぽうぎ新刊の取り扱いがようやっと開始致しました~とご報告。
3日になっても連絡がこないなおかしいな~と思っていたら印刷所から連絡が来てミスで納品が少し遅れたとのことです。明確なイベント合わせではないからまあいいっちゃいいんだがもしかして割引だから印刷忘れてたんじゃないのか…ゴクリ…という疑惑…まあいいや。

そんな訳で7/6より快適本屋さまにて頒布開始致しますのでご興味ある方はどうぞよろしくお願い致します~。
勿論夏コミ・翌週大阪インテにも持っていきますので、お急ぎでない方はイベントの方が手数料つかない分お安いですのでお好きな方で選んで下さいまっせ!

とりあえず今は原稿をしながらちまちまと再録作業の編集をしている…あと…もう少しで終わる…。
今回コピー本の再録が入るので、コピー原稿は元々鉛筆でトレースしてアナログで作ってるもんですから原稿スキャンしてグレースケール処理・トーンの貼り足しや写植作業を行うので、いやーなんつうか…余計に過去との対峙が…こう…orz
「びーえる大好き沖村B」も「しょたえろ大好き沖村C」もすっげえな!お前らヤンチャだな!いや全部私なんだけどもギギギギー!とおうちの中をごろんごろんのたうちまわっちゃうなあごろんごろん!

0705.gif

このように軽く塗り足しを行っている…。

収録内容としては09年冬-10年GWまでの「未完成のメロディ」「秘中の秘」「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」「tiny,tiny,tiny」と、あと頒布量の少なかったコピー本である「KAPPOUGIPLAYBACK」「君という花」の全6冊収録で多分268P…だと思います。
あとスペース的にあんま余裕がないので無料配布は無いかな~と諦めていたのですが、お友達が嵩張らないちんまいものを教えてくれたので何とか出来ないかな~と現在問い合わせ中である…。
自己満足なんだけど楽しいんだよなあ…!出来そうならそれも入稿しまっす!

そんな感じでちまちま色々と夏に向けて作業中でおま。
遅ればせながら拍手からコメント下さった方有難うございましたー!ぱちぱちもありがとうございますとても励みになっております…!

さてさてがんばるよ~また公式で何かあったら浮上します…!=3

オンリ原稿 

NSオンリ万有引力さまの記念アンソロ漫画やっとこさ提出してきまんた。

07032.gif

我ながらよく判らない漫画を描いてしまったような気がする…。

しかしアレだ何が敗北感って「カカシてんていの髪はどちらの方向に流れていましたっけ?」というのが素で思い出せずコミックスで確認せざるを得なかったというのがものすごく敗北感だった…!なんということだ!
うずまきさんに関しては今でもちょぼちょぼ落書きはしているのでそんなことは無いのだが流石にカカシてぃーちゃーはマンガで出番もないと描かない=一年半ぶりくらいだった為細部をすっかり手が忘れていたというこの…オオウ…。
あとサスケさんに関しても「前髪アリバージョン」を結局あまり描き慣れずにオフ活動終了してしまっていた為にバランスをどう取ればよいのかとやはりコミックスをガン見していたという敗北感でした…オオウ…。

しかし髪型チェンジが行われた当時もすごい思ってたんだけど前髪アリになるとホントにとんでもない受になるというか、ウワアアアこいつ受けでしかねえええええ!ってなるのですごい描きながらケツの座りが悪くてモゾモゾしてしまうこの複雑な気持ちは何なんだろうか。
いやアンタ受けなんですよ!受けなんですけど!すごく受けなんですけ、ど、だがしかし…!みたいな、そんな良く判らない己との葛藤が昔からあるな。刷りこみかしら。

余談ではありますがこの髪型って、多分にいさんとのデコポンの思い出を大切にしたいが為に

何人たりともおれのデコは見せねえ!触らせねえ…!

っていう彼の決意なのであろうと私勝手に思い込んでたんだけどもしかして思い込みが過ぎただろうか。
(今不安になってちょっとぐぐってみたら「髪を分けていたのは額当てをつける為=木の葉には戻らないという決意の現れではないか」という説が出てきてああまあそれもなあ…と思ったんだけど、でも幼少期からアレなんだしイタチ戦後に変わった訳だから兄さんとの思い出を大切に説有力だと思うんだがなあ。そこんとこをうずまきさんが察知して(彼からしたらデコが出ている状態が見慣れている訳なので何気なしに「おまえそういやなんで髪下してんだってばよ」とか疑問に思っての流れで)そっからまあなんやかんやしたらええんでねえのか…と考えたがベタ甘になりそうで自分の脳みそがちょっと気持ち悪くなってきた。おでこにちゅうとかちょっとやめてくださいまじで!しかも今更すぎるよ…!)

そんなこんなで久々のナルサス漫画は何か申し訳ない感じでしたが楽しかったです!遅れてごめんお…!
あと今年の映画は結構そわそわする題材だな…なるとが半裸で拘束だと…?そわ…!と思うので入稿後にでも見に行きたいなあ~。はんらでこうそくはとてもいい。とてもいいよ(二回言った)
しかしあんなプリズンがあるならまずぶちこまれるのはサスケだろうよととても思うので(んーでもアレって草隠れ関係の施設なの?どの里で罪を犯すとあそこにぶちこまれるの?ってのが今んとこ良く判らん…原作小説読めってか)ブラッドプリズン・サスケバージョンで多分夏コミとかオンリで本を出す人とかいるよね。ソワア…!
しかし映画の毎度のお約束としてあの陰謀渦巻いてそうなプリズンは最後キレイに崩壊すんだろうなと思うとオフラインの漫画で変換するのは若干難しいかのう。うーむ。


ところでアレだ、今のところ新野先生と久々知せんぱいがその被害を受けましたけども、あの「ふたりだけのひみつだよ☆」って期待させときながら自分から落としている教師の姿を今期連続で見て戦慄を感じています。
なっなんなんだあいつ…天然のろくでなしなのか…?
ひっひどいおとこ…!(そわそわそわ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。